夏の肌のお手入れ

夏の肌のお手入れ

夏は、紫外線量が年間でピークに達します。
肌へのダメージが非常に高まる季節でもあるので、お手入れは特に入念にする必要があります。

 

夏のお手入れで注意すべきなのが、やっぱり美白ケアです。
普通に過ごしていても、どうしても知らないうちに紫外線を受けているので、誰もが手軽に肌を白くする方法を求めがちですが、痛んだ肌にあまり強力な美白成分は刺激が強い時もあるので注意が必要です。
美肌成分の入った化粧水などが良さそうですが、とにかくも水分は多めに保てるようにするのが基本です。ダメ押しで、ナイトクリームの併用もオススメです。

 

肌への紫外線のダメージを抑えるため、メイクはファンデーションがカギとなります。夏でも、例えば冷房の効いた室内など、乾燥は意外と気になるので、保湿剤入りのツーウェイタイプを使って、お手入れをすると良いでしょう。

汗対策もポイント

またこの時期、汗で化粧崩れがしやすいので、化粧直しをこまめにすることも大切です。

 

夏の冷房が効いた屋内の乾燥度は、実は冬と大差ありません。汗を抑えるには、化粧水はたっぷりと使い、コットンに含ませてパッティングです。程よい刺激が、肌を引き締め、血行も良くなる上、新陳代謝の向上にもつながります。

夏の肌、毛穴ケアは…

毛穴の引き締めには、コンディショニング・ローションの利用がオススメです。お手入れがしっかりしていれば、肌に強烈な紫外線に耐える抵抗力をつけてくれます。

 

意外と空気が乾燥している環境下では、シワができやすくなります。対策としては、リンクルケア効果がありそうな美容液を使うことです。秋冬は言うにも及ばず、夏でもシワ対策のお手入れは必要です。

 

夜、帰宅後は、早めにメイクを落とし、スキンケアを施すのが身のためです。汗をよくかく季節なので、乳液は必要です。あのベタベタ感が嫌いという人には、さっぱりタイプの乳液があります。必要とあらば、保湿クリームを使うと、肌を乾燥から守ってくれます。